スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステータス(能力値)について

ステータス(能力値)について


時期がすぎたのですが、どおしても能力値について言いたい事があったので、
こっそりペタリ。…なんてしてみたいとおもいまふ。


魔法についてなんですが、リアルで使えないからこそ、なんか使ってみたいと
あこがれる物があります。

ファンタジィ物では(ゲーム、漫画、小説問わず)魔法が行使できる説得力を得る為、
設定で色々な工夫が見られます。

人間が魔法のコントロールを試みる場合、例え単純な魔法一つでも細心の注意を払い、
高度な魔法には全身全霊の力を傾け、その一瞬一瞬に全神経、全精神力を集中して、
行う物だと思っています。
武器をもって戦う場合、STR、DEX、AGI、VITの全ての能力を使って戦うので、
魔法も同じで、全ての精神的能力を使って魔法を発動させるのが自然な感じに思えます。

と、いう理由から、個人的には、自己の分身のキャラクターステータスは肉体的な物と
同じぐらい精神的な物も充実があった方がいいと思っています。
なので、理想を述べさせて頂きますと、

1次系ステータス
肉体系能力値   /精神系能力値
STR  攻撃   /MAG  魔法攻撃  
DEX  命中   /WIS   魔法成功率 
AGI  攻撃速度 /CON  詠唱速度
VIT   防御   /WIL   魔法抵抗

2次系ステータス
INT  実戦経験 /知識

ステータスはこんな感じです。

各能力値の説明
MAG (Magic power:魔力)現実世界へ力を行使する際のそれをイメージし具現化する力。
WIS (Wisdom:知恵)対象を正しく認識し知識・経験を元に弱点を導き出し、また、状態異常の症状を適切に判断し、処置する能力。
CON(Concentration:集中力)魔術を発動する為の精神統一の状態(1種のトランス状態)に至るまでの速さ。熟練した術者なら、一瞬でこの精神的境地に没入する事ができる。
WIL(Willpower:精神力)他者からの魔術的干渉から抵抗する力。意志力。魔法を使用する為の精神的エネルギーの許容量。
INT(Intelligence:知識)攻撃・命中・回避・魔法攻撃・魔法成功率・詠唱速度・魔法抵抗 …などへの補正
優れた戦士や賢者など、場数を踏んだ物にしか手に入れる事の出来ない素質。
新米とベテランの力量の差。とても上がりにくい。


本来のINTというのは、本質はどういったものなのでしょう?
ゲームは簡略化され続けてきた為、なにかINTの使い方が間違っているような漠然とした感じはずっとありました。

こう、攻撃をうけたらこう返す、こう攻められたら、こう避ける、といった、戦闘技法なども知識ですし、相手との交渉の際に有利に交渉をすすめる為に、豊富な情報による裏付けや権威付けがあると説得し易いし、賢い人には尊敬の目が向けられ、扱いがかわってきます。これも知識のなせるワザです。
だから、INTをつけるならいっその事、通常ステータスとは分離し、こういった使い方、使われ方をして欲しいです。


(歳を取るほど上がり易くてもいいかも?)
若い頃は肉体系が上がりやすく、歳を取る事によって、精神系があがりやすいという設定にもあってます。

○簡単にINTが上がると問題。
なので、ポーションなどでは上がらないなど制限が必要。ポーションで上がる能力値は1次系ステータスのみで。
上昇下降させる事ができるのも1次系ステータスのみで。

○アイテムのレア度の差別化。
1次系ステータス上昇がエンチャントされた、ステータスアップの装備品などレア物と、
複数のステータス補正が可能な2次系ステータスアップの装備品、超レア物と、設定し
(サーバー毎に10個あるかないか位)
インテリジェンスソードや(β中はありませんでしたが)、
過去(まだ地上にいた頃)の強力な魔導師が乗り移っているサークレット(笑 や、
過去の強烈で強大な魔導師が己の半分の力を封じ込めた指輪(笑 
など、特別で強力な設定が付与されたアイテムでしかINTが上がらないとかすれば、アイテムの価値を高めるにも役に立つと思います。

○大人と子供の差別化
大人の方が子供より強くなくてはならない、というイメージをもたれている方も多いと想像してます。
(個人的にはベルセルクのガッツみたいな努力次第で大人にも勝てるというのもアリだとは思ってますが。)

INTのみは遺伝で子供に相伝できないとして、生まれた時はINT?5から出発し、父から聞く冒険譚や、母に読んで貰う本で得た知識や日々の生活による経験の積み重ねで毎年+1ずつ上昇し、自分で操作できるようになる6歳でINT±0でスタート。
あとは、各プレイヤーの努力次第、、、という様にすれば、より多くの方の希望に添えるようになると思います。
そして、世代交代を重ねても、リアリティが損なわれる事は無いと思います。

ぶっちゃけ、この案の基礎は某TRPGの剣世界RPGの「冒険者レベル」からの発想。
なんとか大人と子供の差をベルアイルの世界に矛盾する事無く(基本的には大人の方が強い存在で、でも努力次第で子供(…というか少年)でも大人より強くなれる)つけれないかなと…。

β中に思いつかなく要望として送れなかった事がとても残念で後悔してます。


最後に。

ベルアイルは魔法を使うのに、
・魔法の発動体として、羽ペン
・触媒として、触媒紙
が要ります。紙に魔法を発動させる為の真言をサラサラ?と書くことによって、魔法が発動します。

なので、DEXで詠唱速度というのは分からない事もないのですが、
どうせなら、「DEX依存」の「筆記スキル」なり「速記スキル」なりを用意した方が理解し易かったかもです。
(※注 コメント書いた時はすっかり忘れてました。m(。_。;))m ペコペコ…)


魔法を使用するにあたり、精神系ステータスを INT 1個に絞ったのは誠に残念です。
前のステータスの方が精神系が多くて、すごく好感をもってましたので。
知識・知能・知性 などで魔法のダメージや成功率、MPが全て決まってしまうのはすごく勿体無いです。

ステータスが増える事により、平均的な能力値にした場合、1個辺りが低くなりすぎたり、そうなると総合の上限を上げないといけなくなりますし、総合の上限を上げた場合、特化したキャラが出てきた場合、恐ろしい事(バランス崩壊とか…)がおきたり、、、等、ベルアイルのようなステータスの合計値が決まっててそれを上下するシステムだと、ステータスの種類が減る事による問題より、増やす方が問題が多くなりそうなのはなんとなく分かる様な気はするのですが、なんとか解決策を見つけてもらいたいです。。。



おまけ


トラックバックが受け付けてくれませんね;

こちらの方にはちゃんと、最近送信したトラックバックに
追加されてるのですがね;
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

LINKさせていただきました~
あと、うちへのLINKは勝手にしていただいて構いませんので^^

INTというと戦闘では技(スキル)の成功率とか状態異常への耐性ってイメージがありますね。
専門知識という意味では採取や生産にも必要な気がします。
トラバは成功する方が稀ですねorz

お豆腐 さん

こちらもLINKしましたー^^
よろしくですっ!

INTというと戦闘では技(スキル)の成功率 そうですね~。
状態異常への耐性は自分はVITっていうイメージがありますが。
(この場合、毒とかですネ。効きにくい体質とかそんな感じで。)

専門知識という意味では採取や生産にも必要な気がします。
おお、確かにそうですね!
それはイメージ的にぴったりきます。

トラバ用に、成功してる方が良く使ってる所を借りてみようかな;

こんにちわ~。無料期間でログインちゅ~。
ノートでできるし^^;
ところでみなさんどこいるの?
アズさんどーこーw
そろそろLvも11になりまふ。

BIは、いろいろと改善?・・・・・。
されてますね、雰囲気が好きだったのでそこさえ変わってないなら文句はないけど、かわってそうですね。。。
でも、攻撃の命中率は上げて欲しいかも^^;

オルレオン さん

こんにちわ~^^
ノートでやってたんですか!スゴイ高性能ノートですねー?
(聖戦とかも耐えれる!?w)
昨日やっとあえましたねw
15レベルになってましたね。キャンペーン期間中だから
育つのもはやいw

ベルは、中国と日本で、プレイヤーの嗜好や国民性が違うので
まったく別の発展をしてほしいですね。

攻撃の命中率…どうなりますかネ^^;
これだけはやってみないと分からないですね~~。
プロフィール

アイス

  • Author:アイス
  • ようこそ!

    よく変えるの
    忘れますorz

    リンクはご自由に
    どうぞ!

    新しい物大好き。
    慢性的に眠い人
    らしい。


    ツイッター
    @icevarn
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
くろこさん
カウントダウンツリー
メッセージロボ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
アフリコーナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。